EVIS Data Marketplace
利益をあげるために、会社はデータを買います。Evisはデータの市場です。
EVIS on GitHub

売手へ:

EVIS DMは、データを貨幣化しながら、又は解析のサービスを提供しながら、新しい現金流出入及びプラットフォームのユーザーとの新しい協力関係を作る可能性/売る可能性をあげます

買手へ:

EVIS DMは、データ主導の企業意思を受けるために、人工知能を練習するために、及び企業効率を上げるためにdata setsへのアクセスをもらう可能性/買う可能性をあげます

Usecases

外部データの使い方

購入したデータはどうやって使用されていますか。

データ購入は、新しい商品又はサービスを売り出した結果、コーポレーションに利益の新しいソースを作成、マーケティング・キャンペーンの効率を増加、HR部を強化、リスクを予測、需要の変更を予測すること等を可能にします。

B2Cにて顧客の解析

客観的な外部データに基づく意思決定です。取引、ソーシャル・ネットワーク、フィードバック、LTV、競争者の分析を使って、顧客の習慣及び印象を明らかにする可能性です。就職率、所得、利益等のレベルについてのデータを使って、需要の予測及び提供しているサービスの改善です。

B2Bにて顧客の解析

新しい傾向及び需要の特定、中心に市場の要求がある製品の作成です。分析データ、就職率、収益のレベル、顧客のフィードバック及び評判を使って、提供している製品の解析及び管理です。

HR会社中心にある分析

職員と競争者の特技を比較することです。人材政策及び人材質の改善です。人材政策の最適化で費用の最適化です。才能がある人の探し及び雇用です。その結果、最も強い組織です。

変化の予測

天気及び害虫の影響後、農作物の価格及び数量はどうやって変更するのかと予測してください。いくつの商品、どんな質の商品及びいつその商品はスーパーの売り場で現れるのでしょうか。
 Data Providers研究に基づいて、どんな分野は成長するのか、この分野にどんな製品が必要であるのかと予測してください。

パートナーズ・リスク管理

長期関係を作るために、不要な手続きを避けるために、可能なパートナーについてのデータを分析してください。子会社と親会社の関係、責任者についての情報、訴訟、ニュース等を発見してください。

Bussiness Solutions

会社は購入したデータ・セットをどうやって使いますか

農業分野

収穫量の最適化、リスク・ヘッジ、生産量の増加及費用管理です。効率的な作動方法には外部データとの交換及び処理が必要です。農業コーポレーションは工人知能を使って、これを訓練しなければなりません。

自動車産業

現代の交通は流れ及び統計の情報の幅広い量を発生させます。自律性、安全性、環境保護法令遵守です。それらの全てには最新データの途切れない交換が必要です。

小売

消費者習慣との活動及び新習慣の形成です。ユーザーの選択に対しての影響、1平方キロメートル当たりの利益増加、顧客忠誠心との活動、バック・オフィス及び供給の最適化です。LTVの増加です。

医療

将来の医学は研究所、医療センター、国家の間に幅広いデータ交換を使うはずです。それは医療に短い時間で長い道を乗り越える可能性をあげます。

金融分野

ヘッジ・ファンド及び銀行は工人知能使用及びBig Data分析の最先線で立っています。各世界的な出来事は資産価格に、これを増加又は削減しながら、影響を与えられます。金融分野はデータ市場の主役になります。

ロジスティックス

途切れなく、安全な取引条件の作成、期間及び費用の最適化、リスク・ヘッジです。新しいルートの発見及び長期の企業関係の形成です。ロジスティックスはBig Data使用を手続きと統合します。

工人知能

優先会社には、工人知能を訓練するために、幅広い外部データの量が必要です

Data setsの固定客はAIと活動している会社です。AI実行は、企業の多い分野にて最も大切になります。AIを実行した会社は最も多い利益を発生させていますが、そうしなかった会社は最も遅くなります。

AIの途切れないトレーニングには、新しくて、取得及び処理しにくいデータが必要です。その理由で、開発者はデータの売手に頼っています。それは開発の手続きを速めて、安くします

データパイプライン

EVIS DMは結合リンクになり、「all in one」サービスを提供します:

たくさんの提供

必要なデータ・セットを見つけて、様々な供給者の提供を比べてください。見本及び最も良い価格をもらってください。ランキング及びフィードバックに基づいて、誰と協力するのかと選択してください。

便利な買物

EVIS DMインフラストラクチャーは買手がブロック・チェーンのアプリとの働く経験が要らないように構成されています。買物は銀行振込又はカードで実行できます。

一分での取引

フィルターを使って、データを見つけてください;提供を比べてください;暗号通貨/振込/カードで支払ってください;データ・セット及びNFTトークンをもらってください。

DAO

あなたが直接に参加できて、透明なガバナンスがあるプラットフォームです。Governance参加者の間に取引からの手数料の配布です。

gigaEVIS blockchain

弊社の誇りは無料で、速い取引用の自分のブロック・チェーンです。それは取引の手数料を0.4%に設定することを可能にしました(他のData Marketplaceの10-20%に比べて)

NFT-dトークン

弊社は便利に使用及び譲渡できる資産を所有及び使用する権利を開発する目的がありました。弊社はNFT-dを作成しました

研究

データ・マーケットは、毎年、成長していきます

54%の会社はData Marketplaceを使って、固定的に買物を実行する希望を明言しました。92%の会社は内部データが不足して、自分の企業に外部データが必要であることを認めました

Forrester

アクセンチュア研究は、世界中で100万以上の会社が2030年まで、自分のデータ資産を貨幣化するべきで、$3.6 百京以上の価格を開けます

Accenture

フォーブスの主な投資者、ギル・プレスによると、以前の十年間は、“世界中で作成、取得、コピー、購入されたデータの量”で5,000%の成長を表示しました

Forbes

新しい貨幣化の可能性を開始することです。現在の相互に連絡及び電子化させた世界は高質のデータ資産の量を上げながら、最新の収益流れを作成していきます

McKinsey Digital

データ検索

字は最も高いと予測する可能性があります

『McKinseys』によると、職員は28%の営業時間を必要な情報を探すために潰します。

残念ですが、外部情報を探すために何時間を潰すのかという研究がありませんが、その数字は最も高いと予測する可能性があります

弊社の開発

EVIS Data Marketplaceプラットフォームの技術的特徴

データの各種類

人間または機械で読むため;AI及びML用の教育データ;inhouse/exhouse data、機械センサーの数値又は非人間的にした個人情報;Raw data又は分析に用意済みの情報

売手の三種類

Data Providerとはデータの取得、処理及び販売を専門としている会社;Data Supplierとは自由な売手;資産の価格を工人知能が特定;スーパー・セーラー。

スーパー・セーラー

ネットワークの参加者は組合を作って、一緒にデータ・セットを所有、供給及び販売します;それは各データ資産に当たり付加価値を作って、それを合格的に貨幣化する可能性をあげます

DAO及びGovernance

流動性を提供した各参加者はGovernance参加者になります。それはプラットフォームの各取引で手数料の配布をもらう権利、プラットフォーム生活に積極的に参加する権利及びたくさんの他の利点をあげます。

gigaEVIS及びNFT-dトークン

gigaEVISとは、わざわざにデータを処理するために開発した弊社の自分のブロック・チェーンです:無料で、速い取引;Ethereumとのブリッジ;取引後に買手はデータ・セット及びNFT-dトークンを受けて、資産を所有する権利をもらいます。

スマート・コントラクト

EVIS DMとは見知らぬ人が一つの資産を所有できるプラットフォームです:第一はRAW dataを提供、第二はそれを整理、第三は改良できます。資産の完全的なバージョンを販売したら、各参加者は自分の配布をスマート・コントラクトで受けます。

EVIS White label

お客様のブジネス向け

お客様又はお客様の会社にマーケット・プレスが必要ですか。自分のネーム、デザイン及びドメインがあるものですか。そうでしたら、お客様はちょうどいいところにいます。EVISは無料でWhite Labelマーケット・プレスを起動するサービスを提供します。

それに、弊社はただコード又はシェルを提供することだけではありません。弊社のチームは全ての必要な設定を実行、一週間以内にお客様の自分のマーケット・プレイスを起動することを手伝います!

新しいプラットフォームはgigaEVISで動いて、弊社のデータ・セットだけありますので、お客様のユーザーは機能性を高く評価します

EVISトークン

EVIS Data MarketplaceエコシステムはEthereumネット及びgigaEVIS にてEVISトークンを使って作成されました

プラットフォームの建築は取引が速くて、最低な費用で行えるように形成されています。EVISトークンはシステムの安定性を守り、参加者に報酬を与えられるように作成されました。

1

ブロック・チェーン及びトークンは活発な飽きないを行えるために構成されました

gigaEVISブロックチェーンのお支払いは無料でEVISトークンが実行します。EthereumネットワークとgigaEVISの間にあるトークンの送信はブリッジを使って、1対1の割合で実行されます。

2

トークンは各EVIS DM取引で取引所から買い取られます

買手は注文品を銀行振込、カード又は暗号通貨で支払って、取引を実行できます。各取引でシステムはお支払いを受け取って、取引所からEVISトークンを買い取って、これを売手に送信します。

3

デフレーション、途切れない需要増加

手数料をもらったら、サイトは25%のもらったトークンを燃やして、他の25%の資金は取引所からトークンを買い取るために使った後、これも燃やします。トークン数は少なくなります。

4

いくつかの市場でトークンの需要

EVISトークンはgigaEVISネットワークスのブロック・チェーンを使って構成した全てのData Marketplaceで使われています。データ販売のエコシステムの成長と一緒にトークンの需要は上げます。

5

プラットフォームにて解決する可能性

Uniswapで流動性を提供したら、お客様はプラットフォームのGovernance参加者になって、EVIS DMプラットフォームで行なった各取引からの手数料の配布及びプラットフォームに与える可能性をもらいます。

6

DEX及びクラシックな取引所での売上

起動後、EVISトークンはユーザーの数でUniswap及びトップ10取引所の売上にあります。弊社はトークンに幅広い貿易売上を作る目的を大事にしています

弊社は、EVIS社会がプラットフォーム及びトークンを起動した後でアクティブに成長するために、アクティブなマーケティング・ポリシーを行います

EVISチーム

成長モデル

EVISトークンはこれの需要が途切れなく上がるように構造されています

トークンの特徴はEVIS Data Marketplaceプラットフォームの各取引にてこれの存在です。取引がどんなお支払い方法で実行されたことに関係がありません。取引が終了した後、50%の手数料は燃やして、それはEVISトークンの数を下げて、これの需要を上げます

トークンの途切れない燃やし

トークンの数は、毎日、EVIS Data Marketplaceプラットフォーム及び弊社のチームが構成した他のData Marketplaceに実行された各取引の後、下げています。サイトは各取引の50%手数料の数でEVISトークンを燃やします

トークンは各取引に参加します

お支払いの方法に関係なく、取引所でEVISトークンを買い取って、資金の各金額はEVISトークンに変わります。顧客はお支払いを振り込んで、組み込まれた資金は全部の金額をEVISトークンに自動的に交換します。それは貿易の量及びトークンの需要を作ります

他のサイトでの使用

EVIS White Labelの基で弊社のチームは無料でお客様に自分のマーケット・プレイスを作ります。それはData Marketplaceだけではなく、gigaEVISブロック・チェーンはNFT及びNFT-dトークンを使用するように構成されて、これの機能性を無制限にします

流動性の供給

Governance参加者になるために、Uniswapでの流動性を供給する必要があります。それはGovernance参加者がEVISトークンを売上から取り出して、これをスマート・コントラクトで凍結します。売上でトークンが多ければ多いほど需要が高くなります

トケノミクス

Tokenomics
Token Release
プラットフォーム参加者の間にトークンを配布する条件
個人的な販売
3か月のロックアップ、リニアのロック解除2年
公共の販売
リニア3ヶ月のロックを解除
チーム
リニア2年のロックを解除
× トケノミクス

Governance参加者

EVISトークンを所有しながら、お客様は流動性を供給できて、その代わりにGovernance参加者のステータスをもらいます
利点:

Farming: お客様はUniswap流動性があるトークンを入れて、毎秒に新しいEVISトークンの計算をもらいます

お客様はEVIS DMであった各取引及び最も幅広くて、分散されたUniswap取引所であったEVIS/ETH交換の各取引から手数料の部分をもらいます

スーパー・セーラーのアカウントの共同所有:幅広いデータ量を所有し、20%の自分のデータ・セットの販売価格をもらいます

ブログ

All news

Why our blog is unique?

Our concept is openness, we develop a blog where we share every step of development in real time

Three factors of the growth

There are some thoughts about project quality, hype and cryptocurrency market cycles

Short review of the EVIS

EVIS Data Marketplace is a decentralized, autonomous, open-source platform built on cutting-edge technologies

All news

Road Map

2021年6月
プロジェクト・アイデアの開発、市場の研究、競争者の分析及び検索
2021年7月
White Paperの開発;Advisorsとの活動、プロジェクト社会の作成。
2021年8月
White Paperの発表;チームの集め;コンサルティング;ソーシャル・ネットワークを使って、プロジェクトに関心を招くこと
2021年9月
ver 1.0プラットフォームの作成開始;マーケティング・キャンペーンのスタート;サイト開発;レガシー
2021年10月
サイトのプレゼンテーション;自分のairdrop bot起動;ソーシャル・ネットワークにてコンテント量の増加;社会の増加
2021年11月
MVPの出来上がり;Private Sale;advisorsとの活動;法律的な活動
2021年12月
サイト活動に専門的な会社の招待;監査の実行;
2022年第一四半期
ver 1.0プラットフォームの出来あり;Public Token Sale; プラットフォームにてData Providers及びData consumersの招待;確認された100のData Providers、1000の独立の売手及び5000のData Consumer
2022年第二四半期
トップ10取引所でのトークン・リスティング;データを販売するマッスマーケットの作成活動;
2022年第三四半期
EVIS Data Marketplace ver 1.5; 確認された5000のData Providers、100000の独立の売手及び5000000のData Consumer;2023 EVIS Data Marketplace ver 2.0;トップ3取引所でのリスティング
2023
EVIS Data Marketplace ver 2.0;トップ3取引所でのリスティング